ドアクローザー

ドアクローザーの調整 (メンテナンス)

メンテナンスで2番目に多いのが、ドアクローザーの調整です。

(商品名でドアマンとも呼ばれています)

ドアが閉まるときのスピードを調整する機械なんですが

使っているうちに、だんだんと調整が狂ってくるので

閉まるときにバタンと大きな音がしたり、ドアが閉まりきらなくなったりすることがあります。

これの調整方法なんですが、慣れると簡単にできます。

いろいろなメーカーのものがあるので、写真と全く同じではないかもしれませんが

構造はだいたい似てます。 まず、本体の側面にネジが二つあります。

上にあるものが初速、下にあるものが閉まる寸前のスピードを調整するものがおおいです。

初速というのは開いている状態から閉まりだす時のスピードです。

このネジはグルグル回すものではなくて、少しだけ動かす感じで調節してください。

右に回すとゆっくりになります。少しづつ回して、使い勝手によって調整してください。

どれだけ動かしても調整できないときは、中の圧力を受ける箇所が

壊れてしまっている可能性があるので、新しいものに交換しないといけないかもしれません。

こわれたまま使い続けていると、そのうち中の油が漏れてきて

ドロドロになってしまうこともあるので注意してください。

また、調整を始める前に丁番のメンテナンス(別ページに移動)をした方がより調整がやりやすいです。

ドアクローザー

100_2724